2015年04月30日

hanasoキッズ無料体験1回目(4/22受講)

ウチの娘の唯一の特技、英語を
何とか伸ばしてあげようじゃないかと
重い腰をあげ、スカイプのアカウント設定をした
私。

いや…特技と言っても
他の教科に比べれば、本人が好きというだけで、
簡単な英単語をいくつか知っている程度の
完全初心者、9歳女子でございます。

初めてのオンライン英会話は
hanaso kids(ハナソ キッズ)を予約してみました。




なぜhanaso kids(ハナソ キッズ)にしたかというと、
「子ども向けオンライン英会話」と書いてあり、
キッズという響きから、子供の扱いに慣れているのかなあと。

それにサイトがキレイだったので、
なんというか…安心感がありました。
公式サイトはこちら→hanaso kids


私の一番の疑問は、25分間も何するの?ということ。
マンツーマンで初対面の人と25分話すって、
大人でも日本人でもそれなりに気を使いません(笑)?

9歳の子供が、外国人相手に、
25分もマンツーマンで持つのか??
というのが私の不安でした。

ハナソキッズのサイトからダウンロードした、
無料教材を使えますと書いてあったので
プリントアウトして娘に渡しました。

ハナソ2.jpg

予約時間17時ちょうどにスカイプに電話がかかってきて、
レッスンスタート!30代の女性の先生です。

先生はゆっくりと
「はじめまして」「何歳ですか?」「名前は?」
と英語で話し、娘は何となく返し、ここで5分終了。

そのあと「テキスト持ってる?」と言われ、
アルファベットのAからZまで、先生が1つずつ発音し
娘も言うというのを2回繰り返し…

アルファベットAからZまで並んでいる絵を見せて
「これは?」「これは?」といくつか聞かれ
娘が「D!」「R!」と答えるようなやりとりをしたあと…

先生が「ABCの歌を歌いましょう」と音楽をかけました。
が!私たちの知ってる一般的なあの歌ではありませんでした(笑)

娘9歳、「?????」で固まり、
先生は歌い続け終了。このあたりで17時10分すぎ。

このあとテキストのABのページを開き、
AやBを使う英単語を先生が発音し、娘も繰り返し…

ハナソ.jpg

17時15分ごろから、右上の絵に書いてある、
「Hi」「Hello」のロープレをしました。
役割を入れ替えたりして何度か繰り返します。

ところどころ「もう一回」「言ってみて」など
簡単な日本語を使ってうながしてくれました。

17時20分ごろ、
先生が今日やった英単語を発音し、
娘がその絵を指差すという、復習?みたいなことをして、

17時25分終了!
See you〜!!!と先生が大きく手を振ってました。

ほぉ〜なるほど。オンライン英会話ってこういう感じなのね!
私はカメラに映らない程度の近くにいましたが、
何もフォローしなくても何となくレッスンが進みました。

おそらくハナソキッズの無料教材を使うレッスンは、
アルファベット2つ、それに関する単語、会話、
というのが1セットみたいになっていて、

今回初めての私たちは
AとB、appleやbanana、HiとHello
CとD、candyやduck、whatyourname、
の2セット分を進んだという感じでした。

なにぶん初めてだったせいか、娘は
「楽しかった!次回もこの先生がいい!」と言いましたが、

横で見ていた私からすると、
今はオンライン英会話のめずらしさや緊張があるから
娘は「楽しかった」と思ったかもしれませんが、

この先、週1〜2回これを繰り返して日常になったら、
これだと飽きるかもしれないと感じました。
落ち着いた感じの先生で淡々とレッスンが進むんですよね。
ウチの娘には、もう少し若くて元気な先生がいいかも。

hanaso kids(ハナソ キッズ)は2回無料体験できるので、
もう一回別の先生でやってみようと思いました。




と、同時に、他のオンライン英会話サービスは、
どういう内容なんだろう?やっぱりABCから?
歌うたうのかしら?などなど、いろいろ疑問が湧いてきました。

そんなわけで次回は別のオンライン英会話サービスの
予約を取って体験してみました。
今回のhanaso kids(ハナソ キッズ)と違うところが
たくさんありました〜

人気ブログランキングに参加中!

人気ブログランキングへ
posted by 田辺由美子 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供オンライン英会話 hanasoキッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする