2016年04月02日

三船美佳さん離婚成立!写真2枚はあり得ないのでは?

三船美佳さんと高橋ジョージさんの離婚が成立しましたね。
親権や面会について、シングルマザー田辺の思うところを書いてみたいと思います。

(1)年に2回のカラー写真!?

三船美佳さんが長女の親権を持ち、
高橋ジョージさんは年に2回、子どもの写真をもらうとか。

正直なところ非常に疑問。
ねえ、それでいいの??

会わせてやれよ!
何よりも子供のために。

夫婦間であったことは、当事者以外分かりません。
当然私も分からないけど、それでも私はこう思うよ。

どんなに相手(元夫)を嫌いでも、
パパが子供に暴力をふるうとか危険がないなら、
子供を元夫に会わせるべきだと思う。

(2)パパはママを苦しめた悪い人

三船さんの長女は11歳で、うちの娘と1歳違い。
私は同じ年頃の女の子を育てているので
この年頃の女の子の成長度合いがよく分かります。

もう結構いろんなことを分かる年齢です。
でも、物事の善し悪しの判断は周りの意見に左右されがち。

例えば学校で人気のある子が「○○の文具がかわいいよね」
と言えば、「○○はかわいいものだ」として認識してしまう。
素直と言えば素直ですが、「なぜ○○が可愛いか」という事を
しっかり自分で考え判断する力がまだ育っていません。

三船さんの長女は、両親の離婚が成立した時に、
「良かったね。本当におめでとう。」と三船さんに言ったそう。
完全にママ側ですよね。
長女の中で「パパはママを苦しめた悪い人」になってません?

夫婦の間で何があったにしろ、
高橋ジョージさんが娘を大事に思って育ててきたことは事実です。
パパとママが修復不可能なケンカ状態になったからって、
パパの娘への愛が全てなかったことにはならない。

物事の一方向だけを見て、感情的に判断するような、
そんな大人にしたくないのなら、子供に教えないと。

パパとママは上手くいかなかったけど、
パパとあなたの関係はまた別の問題だよと。

そこを教えるのは、ママである三船さんしかいないわけ。
今まさに、長女はママ寄りになっているわけだから、
影響力のあるママが冷静に教えるべき。

(3)母親が子供を操るのはフェアじゃない

このままだと、高橋ジョージさんは娘さんに謝る機会もない。
長女11歳の気持ちになって考えてみましょうよ。

ジョージさんが
「いろいろごめんな。パパも悪いところがあったよ。」
「でもおまえのことは本当に大事に思っているよ。」
「この先困ったことがあったら力になるよ。」

という話を、娘さんに言うべきだし、その機会を与えるべき。
それは高橋ジョージさんのためじゃなく、娘さんのために。

「パパはママをいじめた人」と思って何年も過ごすより、
「パパも大変だったんだな。」と思った方がラクでしょう?

いろいろ分かる年齢になったと言っても、子供です。
親は出来るだけフラットに、偏ることなく、
世の中の様々な意見を見せながら、話し合いながら、
子供自身に考えさせるべきだと思う。

子供がまだ自分で判断できないのをいいことに、
母親が子供を操るようなことはしてはいけない。
子供は子供の目で父親を見て、その人物を評価すべき。
そのために、離婚後の親子面会、交流は大事だと思うよ!
…というシングルマザー田辺の独り言でした。

私も離婚後、元ダンナに娘を会わせたくなかったです。
いろいろ悩んで会わせることにして(→面会までの道のり
今は会わせて本当に良かったと思ってます。






最後までお読みいただきありがとうございました。
田辺の記事で、何かお役に立つ部分がありましたら嬉しいです^^

  にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

ブログの更新情報が届きます↓フォローしてね☆

posted by 田辺由美子 at 11:06| Comment(0) | シングルマザー 私のシングルマザー考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

今井絵理子さん立候補!シングルマザー田辺が思うこと

シングルマザーの今井絵理子さんが今夏の参院選に自民党から立候補することが決まりました。シングルマザー田辺がこの件について思うことを書いてみます。

bba00438dd7a3f5054c1d78da908ba5d_s.jpg

【1】肩書で全然違う、という実感

私がまだ結婚していた時の話です。
ひそかに離婚を考え始めたころ、仕事探しを始めました。

その時、周囲の反応は冷ややかでしたよ。
「金持ちの奥さんがヒマつぶし?」
「結婚・出産した、いい大人が今さら自分探し?」
軽く流され相手にしてもらえませんでした。

でも数カ月後、離婚してシングルマザーになったら、
友達も元同僚も親も役所も、すごい応援してくれる(笑)

結婚していた私と、シングルマザーの私。
数カ月の差です。私という人間、中身は何も変わってません。
でも周りからどう思われるかは変わるんだなあと思いました。

多かれ少なかれ、みんなそういう経験あるのでは?
キャリアウーマンが仕事をやめて主婦になった…とか。
ほぼ無職状態だった人が芥川賞作家になった…とか。
本人は変わっていなくても、周囲からの扱われ方が変わるんです。

【2】肩書あればこそ、声がかかった

今井絵理子さんは、手話を使ったボランティア活動を
いろいろと頑張ってきたそうです。

でも同じ活動をしてきた人なら、
みんな自民党から声がかかりますか?
そうじゃないでしょう。

今井絵理子さんが
「シングルマザー」で
「障害児の母」で
「有名人」だから、声がかかった。

弱者の肩書がなければ、自民党から話は来なかった。
自民党は弱者の肩書を持っている今井さんを利用したいのです。
そこのところは、今井さんご自身で冷静に意識すべきです。

【3】正直にチャンスをつかみましたと言えばいい

今井絵理子さんは会見で
「明るい希望を持てる社会作りをしたい」と言いました。
でも、それなら自民党の比例代表で立候補しなくていいじゃん?
無所属で地元の選挙区から出馬したらいいよ。

そうじゃなくて話が来たから乗ったんでしょ?
話が来たのは何故かといえば、弱者の肩書があったからでしょ。

それは日本国民み〜んな分かってます。
なのにそこをスルーして、キレイごとを言おうとするから、
無駄に反感を買うことになる。

だからむしろ正直に言えばいいと思うよ!
■これまで国会議員になるなんて思ってもいなかった。
■思いがけずチャンスをもらったから挑戦したい。
■歳費を6年間いただけたら助かる。教育費に使う。
■今の自分に何の実力もないことは分かっている。
■シングルマザーや障害者の声を届ける役割だと思っている。

金が目当てだとか、どうせ言われるんですから、
最初に自分から言っちゃえばいいと思う。

今井絵理子さんがどのような経済状態かは知らないけど、
収入の安定が難しいタレント業で、母子家庭なわけでしょ。
お金が余るほど裕福ってわけじゃないなら、
「歳費以上の働きをして、もらったお金で子供を育てます」
って堂々と言えばいい。

中学生から歌手活動をしている今井さんですから、
一般的な勉強や知識で抜けているところがあっても普通です。
今は勉強不足です、これから勉強しますと言えばいいと思う。

自民党から教えられた通りの、上っ面の言葉を使うから、
過去のツイッターとつじつまが合わないとか言われちゃう。

【4】乗っかる勇気もないヤツは、批判するな

実際、もし自分に自民党からオファーがあったら、
そこに乗っかる勇気あります(笑)??

国民のお役に立てるかどうかは別として、
自分は確実に成長できるチャンスですよ。
金銭的にもすごく助かりますよ。
年収2000万越え×6年ですからね。

でもね、でも、平穏な日常を手放して、
やってみよう!って思うかどうか、私は自信ない。
そういう私に今井さんを批判する資格はない!とも思う。

勇気持ってチャンスをつかんだ点について、
今井絵理子さんを評価すべきだと思います。

でもね、どうか、自民党の変な圧力に負けないで、
いつも自分の言葉で、等身大で、率直に。
そんな今井さんをシングルマザー田辺は応援したいです。





最後までお読みいただきありがとうございました。
田辺の記事で、何かお役に立つ部分がありましたら嬉しいです^^

  にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
posted by 田辺由美子 at 21:00| Comment(0) | シングルマザー 私のシングルマザー考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする