2016年03月14日

女性の事務転職!書類が通らない人は●●を使おう!

こんにちは!シングルマザー田辺です!都内の中小企業で採用業務を担当して早7年。今回は、職歴に自信がない人、転職回数が多い人、年齢が高めの人にお薦めの転職活動方法を解説します。

【1】書類審査が通らない人は●●に登録!理由は3つ。

転職回数が多い、年齢がいっている等の理由で「なかなか面接に進めない!」という方、お薦めしたい無料サービスがあります。人材ビジネス大手インテリジェンスが今年から始めた新転職サイト「meeta(ミータ)」です。これね、私さっそく採用側として使っているんですよ。




先週からmeeta(ミータ)に事務職募集出してまして、今日初めてmeeta(ミータ)経由で応募があった人を面接したんです。それで私は「ミータは、いわゆる転職弱者さんに有利な転職サイトだ!」と思いました。その理由は3つ。

【2】そもそも年齢に合う求人しか来ない

一般的な転職サイトは、誰もが見られるインターネット上に求人情報が載りますよね。当然そこには、「30歳までの方」とか「男性募集」とか載らないわけですよ。男女雇用機会均等法などで、そういうこと書いちゃいけないと決められてますからね。でも実際、募集する企業の側としては「30代の男性がほしいな〜」とか具体的な人物イメージがある。それを知らずに40代の女性が応募しても採用される可能性は限りなく低いです。

しかし、新転職サイトmeeta(ミータ)の場合は違う。企業側が、性別と年齢を含めた求める人物像を入力し、それに近い応募者さんだけに求人情報が配信されるという仕組みです。つまり、40代女性A子さんのところに配信されてくる求人は、40代+女性がウエルカムなのです。無駄なく転職活動できる、というわけです。

【3】必ず面接に進める

この新転職サイトmeeta(ミータ)がおもしろいと思うのは、企業側は応募してきた人を必ず面接しなきゃならないこと。これがお薦めする理由の2つ目です。企業の希望に合う人に求人情報を送っているのだから、その人が応募してきたらとにかく会えと、そういうことですね。

そして企業側は、応募者さんが面接に来るまでその人の詳細がよく分からない。普通の転職サイトであれば、学歴や以前に勤めていた会社名などが出ますが、この新転職サイトmeeta(ミータ)は名前と年齢と性別と居住地(●●県レベル)くらいしか分からない。これはこの先もずっとそうなのか、サービス開始して落ち着くまでこういう形式なのかは不明ですが、とにかく今はそういう状態。

今日meeta(ミータ)経由で面接に来た女性は、微妙な職歴でした。大学を卒業後専門学校へ行き、夢を追いかけ就職したがその道を半年で挫折、次の会社をまた半年で退職している。普通の転職サイトであれば応募段階でこの職歴を見ますから、面接に呼ばないという判断をした可能性が高いです。

が、今回は面接に来るまで何も分からないし、面接しなきゃいけないから会いました。で、会って話を聞いたら、なるほど筋は通っているし、結果として微妙な職歴になってしまっただけだと分かった。だから次の面接で社長に会ってもらうことにしました。

その彼女に「転職活動は他の会社も進んでいますか?」と聞いたところ、「私の職歴だと普通は面接に呼んでいただけないので、なかなか…。今回ミータでオファーをいただいて嬉しかったです。」という話でした。

【4】オファーって良い響きだよね〜

そうです。一般的な転職サイトは自分で仕事検索をして応募する「攻める」転職活動。一方でmeeta(ミータ)は登録したあと企業からオファーが来るのを「待つ」転職活動です。攻めるのに疲れてしまったところに、オファーが来たらちょっと気分上がりません(笑)?これがお薦めする3つ目の理由です。一般的な転職サイトでもDMとかスカウトメールとかでオファーってありますけど、そこに応募したからといって絶対に面接してもらえるってわけじゃないでしょ?そこがやっぱ違うと思います。

【5】採用担当者の本音です

一般的な転職サイトに求人を出すとしたら、男がいいとか女がいいとか書けません。でも正直あるんですよ、求めている性別とか年齢とか。だから、それに合う人だけに求人情報が配信されるのって、シンプルですごくいい。お互いにいいんじゃないかな。

似たようなサービスで言うなら、人材紹介とかありますけど、採用したとき相当お金とられますもん。meeta(ミータ)は1人採用して10万ですからね?経済的でホント助かるよ〜。
(おまけ)企業側はこんな感じでmeeta(ミータ)に求人情報を入力してますよ↓

無題.jpg





■私の就職活動を振り返る

シングルマザーの就職活動1:ことごとく書類で落ちた私
シングルマザーの就職活動2:自信を取り戻すためにしたこと
シングルマザーの就職活動3:お金を取るのか?それとも…
シングルマザーの就職活動4:私がおばさんになっても
シングルマザーの就職活動5:結局私が入社した会社は。

■採用担当者として、田辺からアドバイス

応募のコツ1:応募時に○○を書いてはならない
応募のコツ2:○○な電話は絶対にかけてはいけない
応募のコツ3:書類選考を突破するカギは○○にある
応募のコツ4:埋もれている良い求人情報を見つけるコツ
応募のコツ5:応募する前に○○だけは絶対やるべき

面接のコツ1:面接日程を決める時、○○な行動は致命的!
面接のコツ2:面接に行く前に○○だけはやっておくべき
面接のコツ2:○○を知っていると面接突破率が上がる

常識を疑え1:「シングルマザーは面接にすら進めない」は嘘
常識を疑え2:42歳シングルマザーは22歳女性に勝てる
常識を疑え3:シングルマザーが有利に?大事な心得
常識を疑え4:○○を持っている人は強い

採用側の裏事情1:採用担当は求人を出す転職サイトを○○で選ぶ
採用側の裏事情2:


【転職活動の時短のコツ「キャリアインデックス」が便利】
大手求人サイト(リクナビやエン転職、とらばーゆ他多数)とハローワークの求人情報が一つのサイトで見られます。あちこちの転職サイトに自己PRや職歴を入力する手間なく、一括応募できるので、効率的に転職活動をしたい人にオススメ↓




最後までお読みいただきありがとうございました。
田辺の記事で、何かお役に立つ部分がありましたら,
シェアしていただけると嬉しいです^^

  にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

ブログの更新情報が届きます↓フォローしてね☆

posted by 田辺由美子 at 10:00| Comment(0) | シングルマザー 転職&採用されるコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする