2016年04月12日

親子でスラムダンクにはまる日々

娘10歳と最近はまっているのが、スラムダンク!
全31巻を何十年ぶりかに読みました〜

ファイル_000 (2).jpg

4月、新学期が始まり、
離任する先生たちの寄せ書きメッセージが配られました。
その中に「諦めたら、そこで試合終了だよ」というのがあり、
娘10歳が興味を持ったのがきっかけ。

31刊全部まるごと借りてきまして、
一気に読んだら、もう…泣ける泣ける。

30年経つのに、全く色あせない、
素晴らしい漫画ですね!!

娘10歳も「私…バスケやろうかな」と言いだす始末。
親子して思いっきりハマりました。

スラムダンクには様々な名言がありますが、
私が今回一番泣いたのが、安西先生が三井に言った、
「君がいてくれて、良かった」というセリフ。
泣きました。号泣ですよ。

三井を信じて待った、安西先生。
自分を信じてくれる人が一人でもいたら、
人は頑張れるんだと思いました。





最後までお読みいただきありがとうございました。
田辺の記事で、何かお役に立つ部分がありましたら嬉しいです^^

  にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

ブログの更新情報が届きます↓フォローしてね☆



posted by 田辺由美子 at 17:03| Comment(0) | 子育てと暮らし 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: