この記事へのコメント
追加レポありがとうございます!!
はじめはCコースを考えていましたが、AコースかBコースでいきたいと思います。
とっても参考になります。
Posted by あんず at 2015年12月06日 10:05
参考になりましたら嬉しいです。ありがとうございます^^
Cコースの国産壁紙は、とにかく幅が広いので(両手を広げても上手に持てない)余計に「面」で貼りつける必要があるんですよね。ホッチキスやマスキングテープの「点」や「線」で支える貼り方では、壁紙自体の重さによってだんだんどこかに歪みが発生してシワになります。
なので、幅が狭い輸入壁紙をマスキングテープ、ホッチキス、マスキングテープで貼る方がまだ長持ちすると思います。
実はAコース(輸入壁紙とはがせる糊)をイベントで体験したことがあり、まだそれをアップ出来ていないので、そのうち書きますね!(途中までのイベントの様子は名前のところをクリックで読めます)
Posted by 田辺由美子 at 2015年12月07日 11:34
賃貸マンションでのニャンコのクロスへの攻撃対策で参考にさせていただきました。一つ質問がありますが、プラスチックの障子紙を貼り付ける事に関しては、試されておられてはいない事は存じ上げますが、どうお考えですか?
Posted by Copenkun at 2016年01月05日 00:20
Copenkunさま^^

コメントありがとうございます!
猫ちゃん対策でプラスチックの障子紙を壁に貼ることをご検討なのですね?

私はプラスチックの障子紙というものを今回初めて知り、さわったこともないので想像の域を出ませんが、この商品は障子に両面テープで貼ることを想定しているわけですよね。障子は縦横に均等に格子になっていて、そこの接着でプラスチック障子紙の重さを支える…と理解しました。つまり「点」や「線」で接着する用の商品ですね。

ということは、私が無理やり貼った、国産壁紙よりは、仕上がりや耐久性はいいのではないでしょうか。私が使用したサンゲツの普通の壁紙は両面テープなんか全く想定しません。点や線ではなく、面で接着する用の商品です。

つまり、障子の格子と同じ幅で、壁に両面テープを貼り、そこにプラスチック障子紙を貼りつければ、重みによるシワやたるみはそれほど出ない…と考えます。実際にやってみたら意外な落とし穴があるかもしれませんが(笑)、国産壁紙よりはプラスチック障子紙の方が有望な気がしました☆
Posted by 田辺由美子 at 2016年01月07日 11:23
壁紙はりレポートを楽しく拝見させていただきました♪
キッチンの流し台のとっぱらって家をたてたときの
補修用?の裏の茶色い紙が剥がれないタイプの壁紙が
大量にあまっていたので貼ってみようと思ってます。

100均のはって剥がせるスプレーのり2本を購入したあと
こちらのブログを発見したので、でんぷんのりかぁ…ふむふむ…
でもまぁ買ってしまったスプレーのりでDIYしてみます!
壁は鉄なんでどうなんだろう?と言う感じですが
また経過報告を書き込みますね★

Posted by まじぇ at 2016年10月29日 11:39
まじぇさま

コメントありがとうございます!今時は100均ではってはがせるスプレー売ってるんですね!!知らなかった〜!ウチのはがれない国産壁紙は裏が白かったです。壁紙もいろいろあるんでしょうね(笑)ぜひ頑張って貼ってみてください☆楽しみにしてます^^
Posted by 田辺由美子 at 2016年10月31日 10:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: