2015年07月27日

ママが勝手に語る!ポケモン映画「光輪の超魔人フーパ」の感想

2015年夏のポケモン映画、
「ピカチュウとおんがくたい」&「光輪の超魔人フーパ」
を観に行ってきました〜!

ええ、もちろんレディースデー1100円の日にね(笑)
娘9歳は特典目当ての前売り券(ジュニア)で800円。
親子で900円も得になりますから、ここ重要です。

チケット.jpg

私は元々まったくポケモンに興味がない人でしたが、
娘が4歳でアンパンマンを卒業後、ポケモンに入学し、
(普通の女の子はプリキュアに行くんだけどね…)
それ以来5年ほど、毎年ポケモン映画を映画館で見てます。

■「ピカチュウとおんがくたい」のナレーター

ポケモン映画は毎年、短編と本編の2本立て。
短編の方はポケモンが楽しく騒ぐという短いアニメ。
今年は「ピカチュウとおんがくたい」という題名で、
ポケモンの声による合唱(合奏?)がメインでした。

ポケモンたちすごく可愛かったし、
ナレーターの山本美月さんも良かったです。
一部ネットでは酷評されているようですが、
私は山本美月さん上手だったと思いますよ!
山本美月さんの歌声もかわいかったし、
個人的には去年のまゆゆより好きだな〜

■「光輪の超魔人フーパ」ここ数年ではピカイチ

本編の「光輪の超魔人フーパ」、
次から次に伝説のポケモンが出てきて華やか!

少なくとも、ここ数年の中では一番良かった。
去年のディアンシーとか一昨年のゲノセクトより
迫力があったし、メッセージ性もあったと思います。

黒いレックーザの動きとか、超カッコイイし、
フーパの声もすごく可愛くて癒されました。
たまごっちのまめっちの声の人なんですね。

ただ、私が毎年ポケモン映画を観て思うのは、
もう少し話をていねいに描いたらどうかなと。

今回のフーパで言うなら、
バルザとメアリとの取ってつけたような思い出シーンとか、
最後の方で空間が歪んで閉じ込められるあたりとか、
微妙だな〜とは思いました。

娘9歳は意味がわかったのかな?と思って聞いてみたら
まあだいたい分かってたみたいですけど、
子供に分かりにくく、大人は物足りないという、
映画のストーリーとしては多々疑問が残ります。

■「飲みこまれてしまうわ!」のシーンあった??

繰り返し流れていた、映画の予告CMで、
中川翔子さん演じるメアリが「飲みこまれてしまうわ!」
と叫ぶシーンがあったと思うのですが、
映画を観終わってふと…

映画の中でそんなシーンあった!?

なんか去年も思ったんですよ。
映画の予告でゼルネアスが「やめるのです」っていう
ところが繰り返し流れてたんですけど、映画観たあと…

「やめるのです」どこで言った!?

娘と二人で首をひねりました(笑)
私と娘の間では、ポケモン予告のセリフって流行るので、
今年も「飲みこまれてしまうわ!」をベースに、

「おなかがすいてしまうわ!」とかってもじって
遊んでたんですけど、まさかの、本編に出てこないというオチ。

■なぜか今年は大人ももらえた!トレッタ&カード

映画館の入口で、毎年恒例の
トレッタとカード(今年はフーパ)を配ってまして、
私は大人だからか、毎年もらえなかったんだけど、
今年は普通にもらえました〜

朝イチ(8時50分)の回だったからか、
20分前にチケット購入しても、ぜんぜん余裕。
わりといい席で見れました☆

■ポケモン映画=夏の始まり

この5年間、毎年夏の初めにポケモン映画を観てますので、
映画館にいってDSでポケモンをもらったら
いよいよ夏だ〜!!!って感じます(笑)

もう結構疲れてるけど、
今年の夏もなんとか頑張るぞ〜!!




最後までお読みいただきありがとうございました。
田辺の記事で、何かお役に立つ部分がありましたら嬉しいです^^


応援ポチが更新の励みです!ありがとうございます!
posted by 田辺由美子 at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てと暮らし ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月21日

キッズスターイングリッシュ入会2回目(7/12受講)

2015年7月から小学4年生の娘の習いごととして、
子ども専門オンライン英会話の
キッズスターイングリッシュに入会しました。




事務局対応に疑問を持ったり(→前回記事)も
しましたけど、今のところ楽しくレッスンしています。

【1】ぬいぐるみを使ったレッスン

この日はテキストにいくつかオモチャが出てきました。
テキストは先生から薦められたシリーズで
一番やさしいものを自分で購入。楽天でポチリ↓
世界的に有名な児童英語のベストセラー教材だそう。


娘はこの日2回目のレッスンで
まだ数ページ目なんですけど…

キッズスターイングリッシュ (1).jpg

人形や、くまさん、電車などのところで、
A先生から「テディベア持ってる?」と聞かれ…

キッズスターイングリッシュ (2).jpg

娘9歳は家の中のクマさん全部持ってきて
A先生に見せてました(笑)
たぶん「Do yo have〜」って聞かれたら「yes,I do」で
さらっと終わって進むところだと思うんですけど、
自由人の娘9歳は「これはおばあちゃんの手作りで〜」
みたいなことを言いながら、クマのぬいぐるみを披露。

ぐらんま、めいど、てでぃべあ

これで先生分かってくれました(笑)!
「おばあちゃんが作ったの?すごいね!」的なことを
言いながら、先生も自分のテディベアを見せて、

先生と娘9歳は、クマ同士で会話を始めました。
クマの手を振りながら「hello!」みたいな。
娘9歳うれしそうでした。先生いい人〜!
子ども専門なので対応力が素晴らしいです。

【2】伝えたいという気持ち

以前ベネッセのビーゴという英語教材を使っていて
パソコンの中の登場人物に向かってしゃべる…
みたいな場面も多々あったのですが、

そういう教材とオンライン英会話は全然違いますね。
なにしろ生身の人間とテレビ電話でつながってますからね。
娘の「伝えたい」という意欲が全然違うと感じます。

先生は何歳なの?
先生はお昼ご飯何食べたの?
先生はどんな家に住んでるの?

娘9歳は本当はもっといろいろ聞きたいのです。
でも英語が出てこない。言いたいことが言えない状態です。

だからレッスンを終えてから、あれも聞きたかったとか、
今度はこれ言いたいんだけど言い方知ってる?とか、
やらされているのではなく、本人自ら進んでいく感じ。

これを言いたい、話したい、聞いてみたい、
それって語学の基本なのかもしれません。

私が外国人に対して「これを言いたい!」と
初めて思ったのは、多分…大学時代の旅行とかです(笑)

今は月に6回ですが、
慣れてきたらもう少し増やしてもいいかもと思ってます。



最後までお読みいただきありがとうございました。
田辺の記事で、何かお役に立つ部分がありましたら嬉しいです^^


応援ポチが更新の励みです!ありがとうございます!

posted by 田辺由美子 at 13:58| Comment(2) | 子供オンライン英会話 キッズスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする